脇汗防止に役立つグッズをご紹介

ワキガ率9割の欧米人に安定の人気!気になる「デトランスピラン」

昔から日本人は体臭が薄いと思われてきました。しかし昨今の食生活の欧米化や、睡眠不足などの生活の乱れ、ストレスの増加などが原因で、残念ながら、年々体臭が強くなっているというのが実情です。

体臭は、汗と菌と温度という条件が揃うとニオイを発生します。汗にはエクリン汗腺からの汗とアポクリン汗腺からの汗の二種類がありますが、ニオイの元となるのは、アポクリン汗腺からの汗。「デトランスピラン」は、このアポクリン汗腺の汗に働きかけて、ワキ汗の臭いやシミを防ぎます。

デトランスピランなら、アポクリン汗腺からの汗が止まる?

ワキガ率が9割以上という欧米人の間で、長くロングセラーを続けてきたロールオンタイプの制汗剤である「デトランスピラン」は、塗った翌日には汗が止まると言われる最強デオドランド。肌の表面に塗布することで、有効成分がアポクリン汗腺に浸透していき、汗腺内で汗と反応します。その後、成分は角質を形成し、汗腺内に蓋を作り、ニオイの元となる汗を汗腺内に閉じ込めてしまいます。

形成された角質は、新陳代謝の働きによって、自然と体外に排出されるため、ニオイの元は完全にシャットアウト。期待できる効果の高さです。

3日に一度の使用で大丈夫!

リラックスしている就寝中は、汗の分泌量が減るため、塗布した「デトランスピラン」の効果が持続します。使い始めは毎晩の使用をお薦めしますが、効果が出たら、三日に一度程度でも大丈夫。体調やその日の状態に合わせて、必要に応じて使用できます。これで、もう外出時のデオドランドケアは必要ないですね。